深川江戸資料館にて今年もロボット実証実験を実施しました

8/10(金), 11(土)に、清澄白河地区にある深川江戸資料館にて、松日楽研究室(機械機能工学科)が中心となり、ロボットの実証実験を行いました。

4年目6回目のロボット実験となる、今年はカメラマンロボット、受付ロボット、アンケートロボット、移動案内ロボット、遠隔操作ロボット、および首都大学東京(山口研究室)のタブレット案内と連携し、10台以上の展示を実施しました。また、ネットワーク通信に関しては産業技術大学院大学(成田研究室)の協力を得て実施しました。

今年の実証実験の目的は、地域で役立つために個々のロボットの動作検証だけでなく、インターネットプロトコルを介した、各ロボットからのデータ集計と表示です。これは100台規模の異種ロボット連携のベースになる技術の検証でもあります。
2日間の実証実験の結果、ロボットの挨拶の回数や、アンケートの回答数、稼働中などの運用状況を、すべてのロボットからではないですが、インターネット経由で獲得することができ、その結果を品川にある産業技術大学院大学のサーバーを通して、確認することができました。今後はより安定した運用状況の獲得を目指していきます。
猛暑のため、入館者数は昨年より少なかったものの、カメラマンロボットは2日で100枚以上の写真を撮るなど、それぞれ好評でした。

案内ロボットのデモの様子
案内ロボットのデモの様子
アンケートロボットの様子
アンケートロボットの様子
遠隔操作ロボットのデモの様子
遠隔操作ロボットのデモの様子
カメラマンロボットのデモの様子
カメラマンロボットのデモの様子
国際部のサマープログラム(ロボット )の中国学生らも見学に訪れた
国際部のサマープログラム(ロボット )の中国学生らも見学に訪れた

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp