芹澤 愛 准教授(材料工学科)、石﨑 貴裕 教授(材料工学科)、小池 健生さん(材料工学専攻)がAdvanced Energy Materials Congress 2018においてIAAM Young Scientist Medal Awardを受賞しました。

【受賞者】 芹澤 愛 准教授(材料工学科)、石﨑 貴裕 教授(材料工学科)、小池 健生さん(材料工学専攻)
【発表題目】Synthesis of Li-Ni-Mn-Al oxide for cathode material of lithium-ion batteries by two-step flux method
(2段階フラックス法によるリチウムイオン電池の正極材料Li-Ni-Mn-Al酸化物の合成)

本研究は、スマートフォン、ノートPCなど多くの電子機器に搭載されているリチウムイオン電池の特性の向上を目指した、新規電池用材料の開発を目的としている。

リチウムイオン電池の特性の向上を目指し、新規正極材料の開発を行った。次世代用電池材料として設計したLi-Ni-Mn-Al酸化物は多元系であるため、組成の制御が極めて困難であるが、フラックス法を利用した2段階プロセスを考案したことによって、新規正極材料の合成に成功した。

今後は、次世代用電池材料(電池容量が大きく、長時間使用にともなう劣化が少ない電池材料)の開発などに着手していきたい。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp