松井 連 さん(電子情報システム学科4年)が電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会において学生奨励賞を受賞しました。

【受賞者】松井 連 さん(電子情報システム学科4年)
【指導教員】新津 善弘 教授(電子情報システム学科)
【発表題目】BLE Beacon情報のクラスタリングによる範囲特定を利用した物品探索支援法

中・小規模の倉庫や小売店のバックヤード、オフィスなど、電波干渉やランダムな移動が想定される屋内環境において、高精度且つ綿密な管理体制を必要としない簡易な物品管理および、探索手法を提案し、その有効性を評価することを目的としています。

BLE (Bluetooth Low Energy) Beaconを用いて、管理したい各物品がどのエリアに所在しているかを登録する登録フェーズ、対象の電波強度が安定的に連続して受信できる地点まで誘導を行う探索フェーズ、周囲のBeaconから発せられる信号を測定し各物品のクラスタリングを行うクラスタリングフェーズ、の3段階の手順により、探索する物品の管理や探索を簡易に実現する手法。
※BLE: Bluetoothの省電力バージョン
Beacon:決められた周波数の電波に乗せて、設定したデータを送信のみ実行するもの

物流業界における、設備環境が整った大規模な倉庫などでは、NFCタグやBLEを利用した物品管理システムが普及され始めているが、その物品管理には万全な管理体制や設備を必要とし、莫大なコストが必要となる。このため、中小の企業においては、導入が困難であるため、できるだけ安価な物品管理システムが求められる。本手法は、そのようなシステムとしての一つの手法を提供するものであるとともに、今後のBLEの利用法の新たな展開を示すものである。今後の課題としては、さらなる精度向上とより広範な利用環境への適用が課題である。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp