堀内 勇輔 さん(材料工学科4年)さんが日本原子力学会関東甲越支部第11回学生研究発表会において奨励賞を受賞しました

【受賞者】堀内 勇輔 さん(材料工学科4年)
【指導教員】新井 剛 教授(材料工学科)
【発表題目】錯形成反応を利用した抽出クロマトグラフィ法による希土類元素の高選択制分離法

本研究では、高速炉の使用済み核燃料の再処理課程で発生する高レベル放射性廃液中から、マイナーアクチノイド分離の弊害となる希土類元素の除染することを目的とした。

使用済み核燃料の再処理課程で生じる高レベル放射性廃液中には、マイナーアクチノイドが含まれており、分離・回収することが望まれている。しかし、高レベル放射性廃液中には多くの元素が含まれており、中でも希土類元素はマイナーアクチノイド分離・回収において弊害をきたすことが想定されている。そこで本研究では、高レベル放射性廃液中から希土類元素を除染することを目的とした。

次世代炉である高速炉から発生する放射性廃棄物を安全に廃棄することが可能になることで、原子力発電の普及に繋がり、日本の安定した電力供給が可能となる。