佐藤 滉起 さん(建設工学専攻1年)が2017年度日本建築学会大会において鉄筋コンクリート構造部門優秀発表賞を受賞しました

【受賞者】佐藤 滉起 さん(建設工学専攻1年)
【指導教員】濱崎 仁 教授(建築学科)
【発表題目】接着系あと施工アンカーを用いた部材の構造特性評価に関する研究
その10 燃焼試験による接着剤成分の確認方法に関する検討

本研究は、あと施工アンカーに使用される接着剤について、所定の品質を確保されているか第三者により確認する方法について検討を行った。

接着系あと施工アンカーに使用される接着剤について燃焼試験を行い、500℃で試験を行った場合の燃焼前後の質量差が接着剤に含まれる骨材の量と同等であることを確認した。100℃から500℃まで各温度で燃焼させた場合、また接着剤製品により燃焼前後の質量差が異なることを示した。

本研究により接着剤の品質を第三者が確認する方法を示し、その結果として、市販される接着系あと施工アンカーに使用される接着剤の品質がより良いものになると考えている。今後は、骨材の量だけでなく骨材の種類を同定する方法について検討し、品質確認方法を向上させたい。