藤田 鋭志 さん(建設工学専攻1年)が日本建築学会大会(中国)において環境工学委員会 若手優秀発表賞を受賞しました。

【受賞者】藤田鋭志(建設工学専攻1年)
【指導教員】古屋浩 (建築学部建築学科)
【発表題目】寺院建築の室内音響特性に関する調査

寺院では日々お経や鐘の音が鳴り響いているが、その空間機能としての音環境に関するデータや資料は数少なく、実際の使用者からみて問題なく機能しているのかといったことすら不明であった。

寺院本堂の望ましい音環境とはどのようなものなのかを明らかにするために、本堂を日常的に使用している住職50名を対象とした音環境に関するアンケート調査、ならびに本堂の室内音響測定を実施した。寺院本堂の音環境に対する使用者の聴感印象と空間のもつ音響物理特性の関係について分析した結果から、寺院本堂の音環境において話声の"明瞭性"が使用者にとって「満足」の第一要因として重要であることを明らかにした。