んだ!勿来さ行ぐべ!! 勿来地区の魅力を再発見

芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)の学生プロジェクト団体「笑顔のまち なこそ復興プロジェクト」が、福島県いわき市勿来(なこそ)地区の復興公営住宅入居予定者を対象とした「んだ!勿来さ行ぐべ!!勿来・双葉復興応援バスツアー」を2018年1月21日(日)開催します。


初めての開催となる同イベントは、入居後のスムーズな生活を期することと入居予定者と地元勿来住民の交流増加を目的とし、実行委員会の代表を団体の学生が務めています。2018年3月から住むこととなる復興公営住宅の内部を見学でき、さらに勿来地区の施設や生活拠点をバスで回ることによって同地区の魅力を知ることができます。勿来・双葉地区の良いところを短歌で表したかるた「かるたんか」交流会も同日開催します。
同団体では、2017年10月にもまちあるきイベントを実施するなど、地区への理解増進と地元住民との交流を図る活動を継続しています。

昨年のかるたんか交流会の様子
勿来ひと・まち未来会議が「勿来の良いところ」をテーマに短歌を募集し、作成した「勿来かるたんか」

開催概要

開催日時 :2018年1月21日(日) 8:30~16:30終了予定
集合場所 :南台応急仮設住宅(福島県いわき市南台3丁目) その他4箇所
参 加 費  :無料
定  員 :30名
Web申込:https://goo.gl/forms/FHvbAzI8YgxMXLoG2
主  催 :勿来・双葉復興応援バスツアー実行委員会

「笑顔のまち なこそ復興プロジェクト」について

学生が企画・実行するプロジェクトに大学が資金援助をする芝浦工業大学の取り組み「学生プロジェクト」に2014年度から採択。福島県いわき市勿来地区の商店街や住民と連携し、避難住民と勿来地区の住民のコミュニティ形成活動や復興の様子を掲載したマップの作成などを通じて、勿来地区の活性化を目指しています。
代表の細江 健太さん(環境システム学科 3年)は、「バスツアーを企画するのは初めて。復興公営住宅の最新情報や勿来地区について詳しく知っていただけるよう、試行錯誤しながら準備を進めているので、多くの方々に参加いただければ」と話しました。
 

10月に開催したまちあるきイベント「くぼたんけん2017」の様子
チェックポイントを推測する謎解き形式のまちあるきを行った
まちあるき後はワークショップも開催

お問い合わせ先

芝浦工業大学
学生課

豊洲:〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5(豊洲キャンパス 教室棟2階)
大宮:〒337-8570 埼玉県さいたま市見沼区深作307(大宮キャンパス 2号館)
芝浦:〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 1階)
TEL:豊洲:03-5859-7370/大宮:048-687-5105/芝浦:03-6722-2600/FAX:豊洲:03-5859-7371/大宮:048-687-5573/芝浦:03-6722-2601