池田 歩 さん(地域環境システム専攻3年)が膜シンポジウム2017において学生賞を受賞しました。

【受賞者】池田 歩 さん(地域環境システム専攻3年)
【指導教員】野村 幹弘 教授(応用化学科)
【発表題目】シリカ複合膜と高分子ナノろ過膜のイオン透過性能評価

本研究は、水素エネルギー社会の実現に向けて、水素製造方法の分離膜を用いた省エネルギー化を目指している。

過酷な条件下で利用できる膜材料として、シリカ(SiO2)に着目し、シリカ複合膜を作製している。本発表では、シリカ複合膜の細孔径を評価し、気体分離と液体分離に適した細孔サイズを提案した。また、有機分子とイオンの液体透過性を比較することで、イオン分離における膜表面荷電の影響を明らかにした。

水素製造の一つの工程である酸水溶液脱水プロセスにシリカ複合膜を応用し、省エネルギーな水素製造プロセスの実現に貢献したい。