飯田 雄大 さんが(電気電子情報工学専攻2年)が電気学会 電子・情報・システム部門において技術委員会奨励賞を受賞しました。

【受賞者】飯田 雄大 さん(電気電子情報工学 専攻2年)
【指導教員】堀江 亮太 准教授(通信工学科)
【発表題目】簡易脳波計及びスマートグラスを用いた直感的に操作可能な電動車椅子の制御手法

ハンズフリーで、まるで身につけているかのように直感的に操作可能な、電動車椅子の制御手法を提案する。また、本制御システムでは利用者が注意集中をすると、電動車椅子が直進するため、被験者がより集中しやすくなるような、β/α比フィードバックシステムも合わせて提案する。

電動車椅子の利用者の脳波を測定し、利用者が集中をしたら直進、瞬きをしたら停止、首を左右に傾けることで、右左折する直感的に操作可能な電動車椅子の制御手法を実現した。また、β/α比フィードバックによって利用者の集中状態が誘発可能なことを統計的に確認した。

この簡易で、安価な電動車椅子制御手法の操作精度を上げることで、四肢不随の方がより快適に利用できるようなものにしていきたいと考えている。また、人の集中状態を解析することで、この研究分野以外でも広く利用できるような集中状態の指標を定義することが、今後の課題である。