勿来まちあるき「くぼたんけん2017」

学生プロジェクト「笑顔のまち なこそ復興プロジェクト」は、10月1日に勿来まちあるきイベント「くぼたんけん2017」を開催しました。
(NPO団体勿来ひと・まち未来会議主催、くぼたんけん2017実行委員会運営)
3回目となる同イベントは、実行委員会の代表を団体の学生が務め、団体が2016年から企画・運営に携わっています。

勿来地区に建設中の復興公営住宅への入居が2018年3月より開始されるにあたり、入居予定の双葉郡双葉町の住民と地元勿来住民が交流するきっかけ作りとなること、双葉町の住民に生活拠点を知ってもらうこと、勿来住民にまちの魅力を再発見してもらうことを目的としています。

双葉郡双葉町の住民と地元の勿来住民が交流するきっかけに

当日は25名が参加。内8名が双葉町の住人でした。そのほか、学生、スタッフ、参加者、他大学客員教授の方など含め、総計で56名でイベントを行いました。家族連れも多く、子どもが班の中心となってまち歩きやワークショップを進めていた場面も。午前中は、配付されたヒントからチェックポイントを推測してまちあるきを楽しみ、午後は窪田地区の歴史解説講演や、班ごとのまち歩きマップの作成、発表が行われました。

参加者からは、「公営住宅付近にも双葉町の故郷を思い出させるような田園風景があり、心休まる穏やかな時間を過ごせた」「窪田の歴史について聞いて、昔の様子と現在を併せ知ることができた」などの声があがりました。そのほか、参加者は積極的に周りの参加者に声をかけたり、故郷と比較しながらまちあるきを楽しんだり、被災後のことを共有したりと、イベントの趣旨に沿った実りのある時間となりました。代表の細江 健太さん(環境システム学科 3年)は、「実際の住民の声を伺い、コミュニティの重要性を再確認しました。『復興公営住宅とその周辺に住んでいる人が1つのチームとしてまちの力になってほしい』、そういった環境を作ることが私たちに与えられた使命。勿来地域の方の力になりたいと強く思います」と話しました。
今後も活動を継続し、まちづくりを担う人たちを作る、「人づくり」のきっかけづくりを今後も担っていきます。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp