金沢21世紀美術館にて、日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展「日々の生活 気づきのしるし Everyday Life - Signs of Awareness」が、鈴木俊治教授(環境システム学科)監修で開催されています。

金沢パブリックライフ調査は金沢工業大学、21世紀美術館ボランティアに、芝浦工業大学鈴木研究室の学生2名も参加した「パブリックライフin金沢まち調査隊」が5月に4日間行ったもので、金沢市中心部の歩行者行動などについて紹介しています。
鈴木教授は「今回の取り組みをはじめの一歩として、これから金沢のパブリックスペース、ライフが豊かになっていくことを大いに期待し、これからも関係者の皆様と一緒に取り組めれば」と話しました。

Public Life展では、デンマークのヤン・ゲールらが取り組んできたパブリックライフ調査と、それを活かしたパブリックスペースデザインの概要を紹介するとともに、金沢におけるパブリックライフ調査結果が展示で紹介されています。

展覧会名:日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展 ~日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展~
会期:2017年8月5日(土)~11月5日(日)
会場:金沢21世紀美術館 展示室7〜12、14、光庭、交流ゾーン
お問い合わせ: TEL 076-220-2800(金沢21世紀美術館)

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp