秋元 孝之 教授(建築学科)が日本建築学会 2017年日本建築学会賞(論文)を受賞しました。

【受賞者】 秋元 孝之 教授(建築学科)
【発表題目】 居住域空調方式の室内温熱・空気環境特性の評価に関する研究

民生部門における、エネルギー消費量のシェアが大きな部門の一つである事務所建築において、特にそのエネルギー消費のウェイトが高い、空調設備の省エネルギー化を図るための新たな空調方式の研究開発を行った。

「居住域空調方式」に関する設備性能、室内温熱・空気環境特性に加えて、熱的快適性・知的生産性などの基礎データの取得から、実フィールドの適用事例における評価までを綿密な計画の元に実施し、居住域空調方式の実務設計のための基礎資料を、一連の研究として体系的に述べた。

省エネルギー性に加えて、温熱環境等に対する個人の嗜好を満足させ、それに伴う知的生産性などを総合的に向上させることを可能とする居住域空調方式は、建築の環境負荷削減への大きな貢献が期待される。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
企画広報課

〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14(芝浦キャンパス 2階)
TEL:03-6722-2900/FAX:03-6722-2901
E-mail:koho@ow.shibaura-it.ac.jp