原田真宏教授(建築学科)が2017年日本建築学会作品選奨を受賞しました。

【受賞者】原田 真宏 教授(建築学科)
【発表題目】和文タイトル:「海辺の家」 欧文タイトル:”Shoure House”

今回、受賞に至った作品は、神奈川県真鶴半島の海へ向かう斜面地に建てられた週末住居である。

受賞理由としては、「樹木や地形といった敷地周囲の自然環境から建築の幾何学を抽出し、設計に反映することで、建築内外が連続するような世界と調和のとれた建築環境が獲得されていること」また「構造体が露わになった真正でおおらかな空間性実現されていること」などが評価された。

環境との調和や健全な構造は、建築の普遍的なテーマである。今後も探求を続けていきたい。