内村 裕教授(機械工学科)、小林泰生さん、小宮幸大さん、法月広夢さん(同機械工学専攻1年)が、ロボット学会と原子力学会が共同企画する「廃炉のためのロボット技術コンペ」で優秀賞を受賞しました。

【受賞者】内村 裕 教授(機械工学科)、小林 泰生 さん(機械工学専攻1年)、小宮 幸大 さん(機械工学専攻1年)、法月 広夢 さん(機械工学専攻1年)
【指導教員】内村 裕 教授(機械工学科)
【発表題目】デブリサンプリングのための複数ロボットシステム

福島廃炉対策に係るロボットのニーズ・シーズ技術に関する課題抽出から、燃料デブリ取り出しに向けた内部調査技術に関して、極めて高度かつ革新的なロボット技術開発が求められることが明らかになった。そこで、特にデブリサンプリングも含めた内部調査ロボットの技術開発を加速させるため、ロボット研究者・技術者の知識を結集させることを目的としたコンペが企画され、修士学生と指導教員の共同で応募した。

原子炉内を確実に移動するため、デブリを回収するロボット(探索ロボットと水中作業ロボット)の曲がり管通過と、原子炉内の降下を支援するロボット(移動補助ロボット)を含む複数のロボットから構成されるロボットシステムを提案した。
本コンペの結果およびアイデアの内容は、東京電力を通じてロボットメーカーに伝えられ、実際の廃炉作業用のロボット開発に役立てられることが期待される。