梅原 康平さん(デザイン工学科3年)が、第4回ウェルフェアデザインコンテスト(2016年度)で入選しました。

【受賞者】梅原 康平さん(デザイン工学科3年)
【指導教員】吉武 良治 教授(デザイン工学科)
【発表題目】「Mobility Ray」

駅構内などで人の流れを物理的に区画し、強引に“規制”するのではなく、光の動きを使ってなだらかに“誘導”するインフラストラクチャーの提案に取り組んだ。

駅構内の天井から気象現象である天使の梯子※を駅構内に人工的に作り出し、その光を導きたい方向に動かすことで、人の流れを視覚的、心理的にデザインすることを目的とした。

スケールの大きさと、駅構内に大掛かりな装置を設置しようという発想が評価された。また、駅という密閉された空間に光を灯すことで、災害時の避難誘導などに応用が利くのでは、という講評を得た。

※雲の切れ間や端から光が漏れ、光線が柱や放射状に見える現象