安倍 諒治さん(材料工学専攻1年)が日本原子力学会 関東・甲越支部 第10回学生研究発表会で奨励賞を受賞しました。

【受賞者】安倍 諒治さん(材料工学専攻1年)
【指導教員】新井 剛 教授(材料工学科)
【発表題目】油吸着シートを用いたMo(VI)及びZr(IV)の新規分離技術の基礎研究

原子力発電所より生じる高レベル放射性廃液には多くの元素が含まれており、分離・回収法として抽出クロマトグラフィ法の検討がされている。中でもモリブデン(Mo)とジルコニウム(Zr)は分離・回収において弊害をきたすため、あらかじめ分離する必要がある。しかし、これまで用いていた分離・回収法ではZrの回収は困難だった。そこで、新たに油吸着シートを担体とした吸着シートの開発に着目し、適用に向けた諸性能の評価を行った。

これまで抽出クロマトグラフィ法には多孔性SiO2を担体とし、分離回収を行ってきたが回収が困難であることが示されたため、担体を油吸着シートとし、適用に向けた吸着挙動と耐酸性、耐放射線性の評価を行った。油吸着シートを用いた再処理において、耐放射線性に弱いことが明らかとなったので、今後は異なる種類の油吸着シートの比較を行う。