石橋 力(デザイン工学科3年)さんが第4回ウェルフェアデザインコンテスト(2016年度)で入選しました。

【受賞者】石橋 力さん(デザイン工学科3年)
【指導教員】吉武 良治 教授(デザイン工学科)
【発表題目】「T-Ball —あなたの代わりに遠くを見渡す警報機—」

交通事故の発生場所などの調査により、交差点での発生頻度が多いことがわかったため、交差点での事故原因を分析し、交通事故を減らすための提案に取り組んだ。

使用環境として、事故の多い「信号のない市街地の交差点」に絞った。球体という形状を用い、その表面を光の輪が移動することで、歩行者及び自転車利用者に対してどこからみても車の接近・進行方向をわかりやすく知らせてくれるオブジェクト(サイン)を提案した。

高齢者はもちろん、聴覚や色覚に不自由を感じている人でも確実に認識できるよう、光に動きを取り入れた点や、配色を考慮して視認性を高める工夫をした点が評価された。また、大きな工事を必要とせず、既存のポールに取り付けることができるように工夫した点なども評価に繋がった。