毛利 雅裕さん(材料工学科4年)が、日本原子力学会 関東・甲越支部 第10回学生研究発表会で奨励賞を受賞しました。

【受賞者】毛利 雅裕さん(材料工学科4年)
【指導教員】新井 剛 教授(材料工学科)
【発表題目】夾雑元素混入が鉄リン酸ガラスに及ぼす影響

使用済核燃料の再処理工程で発生する低レベル放射性廃液には、いまだ処理・処分法の確定していないものが存在する。その低レベル放射性廃液の一つであるリン酸系の廃液に対し、優れた耐放射線性かつ化学的特性等に優れたガラス固化法を用いて、安定した処理法を確立する検討を行っている。

今回、ガラス固化法を適用するにあたり、あまり検討が行われていない「廃液中に含まれるさまざまな核種および腐食生成物等の夾雑元素」がガラスの形成に及ぼす影響についての調査を行った。一つ一つの元素がガラスの形成に及ぼす影響の調査を行ったが、今後はさまざまな元素を含む模擬廃液を作製し、同様の調査を行い、本廃液におけるガラス固化法の確立へ向けて検討を行う。