赤木 亮太 准教授が日本バイオメカニクス学会でJSB学会賞を受賞しました。

【受賞者】赤木 亮太 准教授(生命科学科)
【発表題目】
The contraction-induced increase in Achilles tendon moment arm: A three-dimensional study.
収縮に伴うアキレス腱モーメントアームの増加

足関節底屈筋群(かかとを引き上げる時に使う、ふくらはぎの筋群)が生み出す関節トルクは、アキレス腱に係る張力に、足関節底屈動作における回転の中心からアキレス腱までの垂線の長さ(アキレス腱モーメントアーム)をかけあわせることで算出される。本研究では、これまで2次元で捉えられていた等尺性収縮(関節角度が固定された状態での筋収縮)に伴うアキレス腱モーメントアーム変化を3次元で捉え、安静時の値と収縮時の値を比較することを目的とした。

MR装置により足関節底屈筋群及びアキレス腱を画像化して3次元構築し、アキレス腱モーメントアームを測定した。その結果、安静時と比較して収縮に伴いアキレス腱モーメントアームは増加するものの、安静時の値と収縮時の値の間には密接な関係があるため、安静時の値から収縮時の値を推定できることが示唆された。

人の身体運動を骨格筋レベルで理解していく上で、骨格筋が発揮している張力を正しく評価することが重要である。今回測定したアキレス腱モーメントアームは、日常でもよく使用されている足関節底屈筋群の身体運動中の張力を算出するのに役立つため、将来的には、歩行・走行時における骨格筋の動きの理解や、リハビリテーションを行う際の骨格筋機能評価への利用を目指す。