作山 康 教授(環境システム学科)が土木学会・土木学会デザイン賞2016において土木デザイン賞「奨励賞」を受賞しました。

【受賞者】作山 康 教授(環境システム学科)

【発表題目】「日立駅自由通路及び駅周辺地区デザイン」

【発表内容】
茨城県日立市のJR日立駅の改築整備にあたって、自由通路や橋上駅舎、東西駅前広場、駅舎跡地の活用、駐輪場、民間施設、情報交流プラザなど、土木施設を中心に建築施設と一体的にデザイン調整を図り、優れた景観の創出と市民に誇れる空間の提供を行っている。

「まちの顔」としての魅力ある景観づくり、交流起点や結節点としての機能強化を図り、ふるさとを感じる日立の顔として誇れる都市拠点を形成するため、日立駅自由通路及び橋上駅舎を整備して、これを核とした駅周辺整備の戦略的なシビックデザインプロジェクトを進めた。

都市拠点の魅力的な景観形成は、市民に親しまれ地方の活性化の起爆剤となる可能性を持っている。完成後数年経ってその効果が表れている他の事例を鑑み、駅前だけでなく面的な活性化へ展開することが課題である。