吉田和輝さん(建設工学専攻2年)が、空気調和・衛生工学会において優秀講演奨励賞を受賞しました。

【受賞者】吉田 和輝さん(建設工学専攻2年)
【指導教員】秋元孝之教授(建築工学科)
【発表題目】ユーザー制御可能なタスクアンドアンビエント一体型空調吹出口の開発(第2報)タスク気流の風速・温度分布に関する性能検証及び被験者実験による快適性評価
【発表内容】
個人の感覚や行動に応じて制御可能なタスクアンドアンビエント一体型空調吹出口が居住域や人体に与える影響を把握するため、開発試作品の気流・温度分布特性を実験により検証した。タスクファンによる自立的な制御や、代謝量の非定常性を考慮した快適性の向上に有効であることを確認した。今後はオフィス導入に向けた、快適性及び省エネ性の評価が課題となる。

※タスクアンドアンビエント空調…作業域とそれ以外の領域をそれぞれ、タスク域・アンビエント域として分割し、タスク域に集中して冷暖房を行う空調方式。必要な部分に冷暖房を集中して行うことにより、空調負荷を低減できると考えられている。