舛添都知事と大賞受賞者による集合写真(右から2番目が村上学長)
大賞受賞者による集合写真(右から2番目が村上学長)

芝浦工業大学は、東京都より女性の活躍推進に向けた先進的な取り組みが評価され、「女性活躍推進大賞」を受賞しました。これを受け、1月27日に東京ウィメンズプラザホール(渋谷区)で行われた贈呈式に村上雅人学長が出席し、舛添要一東京都知事より表彰状の贈呈を受けました。

その後、大賞受賞代表5名によるパネルディスカッションが行われ、村上学長によって本学の男女参画推進事業の取り組みが紹介されました。
「学問には多様性(ダイバーシティ)が不可欠。男女、国籍をこえた多様性によって多くを学ぶことができます」と、本学の男女参画の取り組みはグローバル化戦略の一環でもあることを強調。今後、さらなる女性教員の積極的な採用によって学内の多様性を高めていくことや、女性研究者が研究活動と自身のライフステージのバランスを保てる制度づくりに取り組んでいくことなどの構想を紹介しました。

同賞は、女性の活躍推進に力を入れている団体を表彰することを目的として創設され、2回目となる今年度は、4団体・1個人を選出。本学は、私立の工業大学として唯一「女性研究者研究活動支援事業(一般型)」に採択されており、平成27年度の専任女性教員の比率12%を達成(参考:工学分野の大学女性教員比率 3.5%)したことなどが評価され、このたび【教育分野】にて選出される運びとなりました。
 

舛添都知事より表彰状の贈呈を受ける村上学長
舛添都知事より表彰状の贈呈を受ける村上学長
大賞受賞者によるパネルディスカッション
大賞受賞者によるパネルディスカッション