Physicochemical properties of carbon materials synthesized from organic halogen compounds by solution plasma

金子陽太さん

燃料電池はクリーンなエネルギー源として期待されているが、正極触媒に使用されている白金の高コストがその普及を妨げている。以上の問題を受けて金子さんは、低コストで白金に匹敵する触媒材料の開発に取り組んだ。

白金の代替触媒としては炭素材料が注目されているが、金子さんは「ソリューションプラズマプロセス」という合成方法で有機ハロゲン化合物から炭素を合成し、その特性を発表した。

今回の発表については「国際学会のため発表は英語でしたが、なるべく詳しく説明することを心掛けました。この経験を活かし、今後も電池材料の発展に貢献したいです」とコメントした。

<指導教員:石崎 貴裕准教授(材料工学科)>