Evaluation of projection model for random point cloud

近年、建設分野において地理空間情報技術を活用するCIM(Construction Information Modeling)が注目されている。これは、建設事業における調査・設計・施工・維持管理のサイクルにおいて、3次元データモデルをベースとしたICT(Information and Communications Technology)活用により、全体の生産性およびライフサイクルコストの更なる向上を図る取り組みである。しかし、まだCIMの活用が少ないの導入は始まったばかりであり、特に3Dスキャニングにより取得した点群データ(Point cloud)の処理の効率化や自動化が技術的課題となっている。

そこで片岡さんは、点群データ処理における投影モデルに着目し、点群データ処理の効率性および自動化率を劇的に向上する手法を提案した。さらに、CIM活用の高度化に向け、点群データ処理を軸としたいくつかの課題改善提案も行った。発表内容のわかりやすさや研究内容の新規性・独創性を高く評価され、最優秀プレゼンテーション賞を受賞した。

片岡さんは「様々な建設プロジェクトでの活用に向けて、本研究の内容をより向上させるために尽力していきたいと考えています」と話している。

<指導教員:中川雅史 准教授(土木工学科)>