HDEHP含浸吸着材を用いたNa高含有低レベル放射性廃液の前処理に関する研究

舛澤俊さん

東日本大震災にともなう原発事故からも明らかであるように、低レベル放射性廃液を安全に処理・減容化するためには、廃液の組成を正確に把握する必要がある。しかし、廃液中に多くのナトリウムが含まれることにより、その把握が困難となる。

そこで舛澤さんは、廃液中からナトリウムを分離する方法としてHDEHP(2-エチルヘキシルリン酸塩)含浸吸着材を用いた抽出クロマトグラフィ法を提案し、学会にて発表。優秀賞を受賞した。

舛澤さんは「今後も原子力に関する研究を続けていき、原子力業界に貢献したい」と、話している。

<指導教員:新井剛准教授(材料工学科)>