1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. システム理工学部紹介
  4. 電子情報システム学科

Location ID: 0502,0101,JA

電子情報システム学科 - 概要

電子情報システム学科

オリジナルサイト

電子情報システム学科の特徴

グローバルな高度情報化社会をつくるため必要なシステムとイノベーションを発想できる21世紀型の技術者をめざして、ソフトウェア、メディア・ネットワーク、ハードウェアなどの幅広い分野について専門知識を学び、実験や実習を通じてシステムアプローチと感性を実践的に身につけます。

入学定員

100名 ※2015年度

学生総数

480名(46名)(女子内数)
※2015年度

大学院進学者数

20名 ※(他大学院を含む)
※2014年度卒業生

専任教員数

16名

研究分野・領域

ソフトウェア系

C言語やJavaなどのプログラミング言語、OS、データベースなどの基本的情報技術分野、人工知能基礎や言語理論などの計算機科学分野、ソフトウェア設計・開発技術に関する学修

ハードウェア系

電気磁気学、電気回路、電子回路、論理回路、半導体、LSI、電子デバイス、システム制御などハードウェアの基礎理論から現在のエレクトロニクス技術に関する学修

メディア・ネットワーク系

画像処理、信号解析、インターネット、無線通信、情報伝送などメディア・ネットワーク系の基礎理論からユビキタス社会のインフラを支える技術に関する学修

専門科目の必修科目・選択科目

  1年 2年 3年 4年
必修  離散数学
情報通信基礎
電気回路I
電子情報システム総論
データ構造とアルゴリズムI
情報理論
論理回路
  総合研究(通年)
選択必修        
選択 計算機アーキテクチュア
CG・画像処理基礎
LSI設計基礎
量子論の基礎
データ構造とアルゴリズムII
プログラミング演習I
オブジェクト指向プログラミングI
オブジェクト指向プログラミングII
プログラミング演習II
データベース
オートマトンと言語理論
通信網工学
計測工学
コミュニケーションシステムI
インターネット基礎
電子計測
電気回路II
電気磁気学I
電気磁気学II
論理回路演習
電子回路I
半導体基礎
半導体工学
電子情報基礎実験
海外技術実習
Introduction to Embedded Systems
Recent Trends on Electroic Systems
Recent Trends on Information Systems
ソフトウェア設計論
オペレーティングシステム
言語処理系
人工知能基礎
記号処理演習
自然言語処理
パターン認識
Programming Language Processor
信号解析
画像情報処理
ワイヤレス通信工学
グラフ理論とネットワーク
情報ネットワークI
情報ネットワークII
ディジタル信号処理
アナログ信号処理
コミュニケーションシステムII
電磁波工学
宇宙観測技術
符号理論
Information Communication Technology
電子回路II
回路工学演習
回路とシステム
システム制御
電子デバイス
LSI設計CAD
LSI設計演習
情報実験I
情報実験II
電子情報実験I
電子情報実験II
テクニカルセミナー
国際電子情報システム実験I
国際電子情報システム実験II
Advanced Topics on Electronic Information Systems
Computer Simulation
 

共通科目の必修科目

    1年 2年
必修 基礎科目 数学I
線形代数I
微分方程式
一般力学I
数値解析
解析学I
システム・情報科目 情報処理I
情報処理演習I
情報処理II
情報処理演習II
システム工学A(システム計画方法論)
システム工学演習A
システム工学B(数理計画法)
システム工学演習B
  • これらの表は2016年度入学生向けです。2015年度以前入学の学生は、それぞれの入学年度の学習の手引を参照してください。
  • 履修登録にあたっても、各入学年度の学習の手引をご覧ください。

電子情報システム学科では、以下の5つの教育目標を掲げる。

  1. 広い裾野をもった専門的知識の習得
    電子情報システム学科では、「ソフトウェア技術」、「メディア・ネットワーク技術」、及び「ハードウェア技術」のいずれかの分野に基盤を置き、それ以外の二分野を包含する幅広い裾野をもった基礎的知識と深い専門知識を習得する。
  2. 知識の習得から実践へ
    知識を単に「知っている」というレベルにとどめることなく、さまざまな演習・実験などによる実践を通じて、問題を自ら発見し、解決に向けての方策を探るための「使える知識」を身につける。
  3. システム志向のエンジニア
    現実の問題と対象の性質を把握し、抽象化・モデル化する「システム思考」、モデルを解析することにより最適な解決方法を探り、その方法に基づきシステムを実現する「システム手法」、問題解決のため人・知識・技術を統合する「システムマネジメント」、これらの能力を備えたシステム志向のエンジニアを目指す。
  4. 技術者としての倫理観の習得
    社会人、および技術者としての倫理観に基づき、実社会において技術者としての責任を果たす能力と技術と社会のかかわり合いについて技術者の立場から考える力を身につける。
  5. 技術者としてのコミュニケーション能力の獲得
    英語、日本語を用いた技術者としてふさわしい水準のコミュニケーション能力を身に付ける。
研究室名 教員名 教員の専門分野
知識処理システム研究室 相場亮 詳細 並列知識情報処理、制約論理型言語、分散協調問題解決、マルチエージェントシステム
組込みネットワークシステム研究室 井上雅裕 詳細 ユビキタスネットワーク、組込みシステム、システムズエンジニアリング、プロジェクトマネジメント
ワイヤレスシステム研究室 岩崎久雄 詳細 アンテナ工学、モバイルワイヤレス通信工学、電波情報転送工学
宇宙情報解析研究室 久保田あや 詳細 高エネルギー天体物理
ソフトウェアシステム研究室 鈴木徹也 詳細 制約プログラミング
画像応用システム研究室 高橋正信 詳細 画像情報処理、パターン認識
波動情報システム研究室 田中直彦 詳細 超音波応用計測と信号処理
システム制御研究室 陳新開 詳細 システム制御工学
社会システム科学研究室 中井豊 詳細 社会システム科学、社会シミュレーション
情報ネットワーク研究室 新津善弘 詳細 情報ネットワーク工学、インターネット、センサネットワーク、ネットワークアプリケーション
ナノデバイス研究室 堀尾和重 詳細 半導体電子工学
情報通信デザイン研究室 間野一則 詳細 メディア(音声)処理、メディア符号化・通信方式
ソフトウェア工学研究室 松浦佐江子 詳細 ソフトウェア工学、特に、オブジェクト指向開発、ソフトウェア開発支援環境、ソフトウェア工学教育
マルチメディア情報通信研究室 三好匠 詳細 情報通信工学、コンピュータネットワーク
宇宙観測システム研究室 吉田健二 詳細 宇宙物理
信号処理システム研究室 渡部英二 詳細 信号処理、回路理論

入学者推移(人)

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
入学者 133 118 111 108
男女比率 122:11 103:15 103:8 95:13

留年者数(人)

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度
1年次        
2年次 1      
3年次 15 13 12 9
4年次 19 20 9 12
合計 35 33 21 21

下記の条件に当てはまる場合に留年となります。

  • 願い出により留年を申請する場合
  • 各学部・学科の進級停止条件に当てはまる場合(各学部・学科により条件が異なります)
    ※進級停止で留年する場合も手続きが必要な場合があります。詳細は学生課で確認して下さい。
  • 4年次終了時で卒業要件を満たせなかった場合

News & Topics

学部・大学院