1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. システム理工学部紹介

Location ID: 0502,0003,JA

システム理工学部 - 教育

システム理工学部

教育研究上の目的

  1. 学部総合科目の学修により、幅広い教養を身につけるとともに、個々の科学技術を総合して問題の解決に取り組むシステム思考を修得した人材を養成する。
  2. 学部共通科目の学修により、エンジニアとしての基礎を固めつつ、社会の問題解決に必要なシステム工学の理論と手法を修得した人材を養成する。
  3. 学科専門科目の学修により専門的知識と体験を深め、総合研究への取り組みを通じて各自が設定したテーマを解明し総合的解決策を導き出す能力を修得した人材を養成する。
  4. 社会に貢献するエンジニアとしての技術倫理観を修得した人材を養成する。

カリキュラムの構成

  1. 総合科目
    • 総合科目は大学教育を受ける学生に、専攻している学問分野に限らず、幅広い教養を身につけてもらうための科目。「共通科目」「専門科目」と互いに補い合うものと位置づけられています。
      哲学・法学・経営学・社会学等の基本的な科目から社会、技術、国際化等とキーワードとした科目も用意され、個々の科学技術を総合して問題の解決に取り組む「システム思考」の修得と、社会に貢献する技術のあり方や、社会、人間、工学といった、一見全く異なる広い学問分野を学修し、エンジニアとしての時代感覚の養成を目的としています。
    • 特色ある科目としては「人間環境系」の科目群があります。「科学技術と社会」~「エコロジー基礎」の「人間環境系」の科目は、社会、人間、工学といった一見全く異なった広い学問分野を含み、そこにシステム工学の手法を適用することを学修します。
    • 外国語科目は2カ国語以上を修得し、そのうち英語は8単位以上、計10単位以上を取得しなければいけません。ただし英語の単位は(財)日本英語検定協会による英語検定試験またはTOEFLやTOEICの結果によって取得することもできます。「学外英語検定Ⅰ」「学外英語検定Ⅱ」のシラバスを確認してください。
  2. 共通科目
    1. 基礎科目
      数学、物理学、化学の授業科目が含まれます。特に数学関係の授業科目は最も基礎的な科目で、必修科目(必ず単位を取らなくてはならない授業)が多くなっています。
    2. システム・情報科目
      システム理工学部の特色である「システム工学」に必要な理論や技法を学ぶために用意されています。学問分野に関係なく5学科合同で学ぶのが特色。また、システム工学の技法を実際の問題に応用するときに必要となるコンピュータスキル習得のための科目も、この中に必修科目として用意されています。
  3. 専門科目
    • 各学科の性格を特色づける科目。所属する学科が指定する科目を、年次にしたがって履修することになります。
  4. 教職科目
    • 教育職員免許状の取得のために、教職課程受講者のみが履修することができます。取得しようとする免許状科目により、他学科の専門科目を教職科目として履修する必要があります。

学部・大学院