1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. システム理工学部紹介
  4. 環境システム学科

Location ID: 0502,0301,JA

環境システム学科 - 概要

環境システム学科

オリジナルサイト

環境システム学科の特徴

身のまわりの施設や住宅、まち、地域、さらに国土や地球規模の「環境」を対象に、建築や都市といった人間の活動をシステムとして総合的に捉え、問題点と解決策を考えることが目標。専門知識と実践的な能力を身につけます。

入学定員

90名 ※2016年度

学生総数

378名(76名)(女子内数)
※2016年度

大学院進学者数

18名 ※(他大学院を含む)
※2015年度卒業生

専任教員数

13名

研究分野・領域

建築エリア ( 建築科目 )

  • 建築計画
  • 居住環境デザイン
  • 建築構造計画

都市エリア ( 都市科目 )

  • 環境システム計画
  • 土地利用システム計画
  • 都市・地域システム計画

環境エリア ( 環境科目 )

  • 都市環境管理
  • 環境・エネルギーシステム論
  • 地域環境政策

( 建築・都市科目 )

  • 都市住宅論
  • 都市環境デザイン演習
  • 建築・環境デザイン演習

( 都市・環境科目 )

  • 開発計画論
  • 景観・環境デザイン
  • 都市基盤施設計画

( 環境・建築科目 )

  • 建築環境工学
  • 建築設備学

( 建築・都市・環境科目 )

  • 環境工学実験
  • 環境情報プログラミング演習
  • 総合研究

環境システム学科専門科目の必修・選択科目

  1年 2年 3年 4年
必修   建築構造計画
建築環境工学
建築計画
環境システム計画
 
景観・環境デザイン
環境・エネルギーシステム論
都市基盤施設計画
 
総合研究
 
選択必修        
選択 基礎実技
建築史
環境科学1
環境科学2
都市及び都市計画史
 
不静定構造の解析
土地利用システム計画
土地利用計画演習
建築デジタルデザイン
建築・環境デザイン
建築構造解析
建築設計情報演習
環境システム解析
環境計画演習
環境調査体験
都市住宅論
都市基盤施設工学基礎
開発計画論
Basic Environmental Studies in English
Environmental Studies in English
 
交通システム計画
地域環境政策1
地域環境政策2
地域環境政策演習
居住環境デザイン
居住環境デザイン演習
建築・都市法規
建築材料
建築構造システム演習
建築構造設計
建築生産・施工
建築設備学
建設プロジェクトマネジメント
建設事業制度
建設環境論
景観・環境デザイン演習
環境・エネルギーシステム演習
環境安全計画
環境工学実験
環境情報プログラミング
環境情報プログラミング演習
環境法制
社会実習
近・現代建築論
都市・地域システム計画
都市・地域計画演習
都市環境デザイン
都市環境デザイン演習
都市環境管理
海外環境計画・設計実習
Environmentally Sustainable Engineering1
Environmentally Sustainable Engineering2
Environmental Land Use Planning
Environmental Field Survey1
Environmental Field Survey2
建築・環境デザイン演習

共通科目の必修科目

    1年 2年
必修  基礎科目 数学1
線形代数1
数値解析
システム・情報科目 情報処理I
情報処理演習I
情報処理II
情報処理演習II
システム工学A(システム計画方法論)
システム工学演習A
システム工学B(数理計画法)
システム工学演習B
  • これらの表は2016年度入学生向けです。2015年度以前入学の学生は、それぞれの入学年度の学習の手引を参照してください。
  • 履修登録にあたっても、各入学年度の学習の手引をご覧ください。

システム理工学部の基本理念である分野複合・領域横断型教育に基礎を置きつつ、学科の基幹的な科目で得た基礎スキル及び各エリアの専門科目で得た知識と体験に基づき、環境システム学科は以下の資質を有する学生の育成を教育目標とする。

  1. 主体的かつ積極的に建築・都市・環境の諸問題を解決しようとする意欲と力を有すること
  2. 良好な建築・都市・環境の計画設計と維持管理を科学的かつ合理的に行う力を習得していること
  3. 関係する人々と円滑にコミュニケーションする能力を身につけていること
  4. 以上を総合して望ましい建築・都市・環境から構成される社会を創造する力を有すること

建築エリア

研究室名 教員名 教員の専門分野
建築計画情報研究室 菊池誠 詳細 建築計画
建築設計情報研究室 澤田英行 詳細 建築デジタルデザイン(3次元ObjectCAD)、
建築設計情報処理、
情報システム環境構築(e-Learning:Web Learning Studio)、
BIM(Building Information Modeling)
インテリジェントデザイン研究室 堤和敏 詳細 建築構造計画、感性工学、ソフトコンピューティング

都市エリア

研究室名 教員名 教員の専門分野
都市計画研究室 作山康 詳細 都市計画、都市マネジメント
環境設計研究室 中野恒明 詳細 都市デザイン、都市計画、景観設計
地域安全システム研究室 中村仁 詳細 都市計画、まちづくり、地域安全システム学

環境エリア

研究室名 教員名 教員の専門分野
環境政策研究室 中口毅博 詳細 環境計画論、自治体環境政策
環境基盤研究室 増田幸宏 詳細 環境基盤
エネルギー・資源循環研究室 松村隆 詳細 環境工学(環境・エネルギー学)
都市環境工学研究室 三浦昌生 詳細 都市環境工学、建築環境工学

社会科学エリア

研究室名 教員名 教員の専門分野
マネジメントシステム研究室 池田將明 詳細 建設マネジメント、環境マネジメント論、プロジェクトマネジメント
経済システム分析研究室 小山友介 詳細 経済理論、社会調査
住居史・デザイン史研究室 真保晶子 詳細 近代イギリス史(家具・住居・デザイン文化)

入学者推移(人)

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
入学者 103 82 100 92
男女比率 88:15 66:16 87:13 70:22

留年者数(人)

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度
1年次        
2年次 1      
3年次     1 5
4年次 10 4 5 11
合計 11 4 6 16

下記の条件に当てはまる場合に留年となります。

  • 願い出により留年を申請する場合
  • 各学部・学科の進級停止条件に当てはまる場合(各学部・学科により条件が異なります)
    ※進級停止で留年する場合も手続きが必要な場合があります。詳細は学生課で確認して下さい。
  • 4年次終了時で卒業要件を満たせなかった場合

News & Topics

学部・大学院