1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. デザイン工学部紹介
  4. デザイン工学科

Location ID: 0503,0301,JA

デザイン工学科(プロダクトデザイン領域) - 概要

デザイン工学科

オリジナルサイト

デザイン工学科プロダクトデザイン領域メニュー

プロダクトデザイン領域の特徴

調査・企画から設計・製造、宣伝・販売までをトータルに考え、製品やサービスの魅力を高める能力を養成します。そのために、幅広い工学系の専門科目で修得した知識を基盤として、論理的なデザイン手法、プロセスの修得を行い、総合的なアプローチのできる感性豊かな人を育てます。

入学定員

160名 ※2017年度
デザイン工学部デザイン工学科合計

学生総数

660名(171名)(女子内数)
※2016年度
デザイン工学科合計

大学院進学者数

31名 ※(他大学院を含む)
※2014年度卒業生
デザイン工学科合計

専任教員数

5名

研究分野・領域

プロダクトデザイン領域

産業界からの要請をうけて、工学を基礎としたデザイナーを育成します。商品を開発し市場でビジネスとして成功させるための工学基礎とデザインを修得します。

産業界からの要請をうけて、工学を基礎としたデザイナーを育成します。商品を開発し市場でビジネスとして成功させるための工学基礎とデザインを修得します。

1年次は、デザインやものづくりの基礎となる考え方について、全領域の基礎を講義と演習によって学びます。2年次は、考える力を鍛え、造形、色彩、3Dモデリング、図学などで専門技能を学びます。3年次は、社会性と完成を取り入れたデザインの考え方を学び、「プロジェクト演習」により、総合的に実践力を養います。

1年次 2年次 3年次 4年次
学科共通の基礎科目を学ぶ 目指す方向別の履修モデルにそって学ぶ 実験を中心に、さらなる専門知識の修得をめざす 研究室に所属して卒業研究を行う
総合英語
一般力学1
物理学1
微積分学1
線形代数1
情報処理1・2
工学システム解析
デザイン工学入門
ものづくり概論
デザイン史
総合導入演習
デザイン製作実験
芝浦工業大学通論
基礎造形演習1・2
プロダクトデザイン
英語講読
認知心理学
キャリアプラン
統計学演習
数値解析
材料力学
数理計画法
造形論
色彩論
3Dモデリング
インターフェースデザイン
コミュニケーションデザイン
ユニバーサルデザイン
プロダクトデザイン演習1・2
パブリックデザイン
人間工学
デザインマネージメント
ゲーム理論戦略的思考
知的財産権論
コストマネジメント
エモーショナル・デザイン
マーケティング
プロジェクト演習
キャリア・デザイン
サービスデザイン
総合プロジェクト(卒業研究)
  • 上記の表については、領域が強く履修を推奨する科目です。
  • 履修登録などにあたっては入学年度の学習の手引を参照してください。
研究室名 教員名 教員の専門分野
エモーショナルデザイン研究室 橋田規子 詳細 プロダクトデザイン
製品計画研究室 古屋繁 詳細 製品計画、デザイン方法論
デザイン史・デザイン文化研究室 増成和敏 詳細 プロダクトデザイン、インタフェースデザイン
感性インタラクションデザイン研究室 梁元碩 詳細 感性科学、インタフェースデザイン
ユーザーエクスペリエンスデザイン研究室 吉武良治 詳細 ユーザーエクスペリエンスデザイン、ユーザー中心設計、人間工学、サービスデザイン

デザイン工学科プロダクトデザイン領域メニュー

学部・大学院