1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 工学部紹介

Location ID: 0501,0003,JA

工学部 - 教育

工学部

教育研究上の目的

基礎を身につけ体系的に工学の本質を学び、問題解決により人類・社会に貢献できる人材の育成を目的とし、以下の能力を養成する。

  1. 共通・教養科目の学修により、工学に必要な基礎学力と広い視野や複眼的なものの見方を身につけ、技術者としての社会的立場と役割を認識した人材を養成する。
  2. 学科専門科目の学修により、学問分野の成り立ち、どのような立場で社会に貢献できるか専門領域における基本的な考え方と基礎技術を修得した人材を養成する。
  3. 豊かな人格形成の基本と基礎的な学力を養い、専門領域を超えて問題を探求する姿勢を養成する。
  4. 工学の本質を体系的に理解し、課題を解決する能力を養成する。
  5. 複数のアプローチ、制約条件、グローバルな視点で社会に与える影響などを考慮した、課題の解決方法を見出す能力を養成する。

カリキュラムの構成

  1. 専門科目群
    • 専門科目群では、専門とする工学がどのような学問分野から成り立ち、どのような立場で人類に貢献できるかについて教育を行います。このため、各学科では授業科目の整理統合を行い、コア教科目を明確にして、受講する学生が十分理解できるように編成しています。この専門科目群は、その基礎となる学問領域の教育・研究を行うことを通じて、専門領域における基本的な考え方と基礎技術の修得を目的としています。
  2. 共通・教養科目群
    • 共通・教養科目群では、工学の専門教育の修得に必要な基礎学力を確保することと、専門領域にとらわれないより広い立場での人間教育を行うことを目的としています。このため、共通数理科目、言語・情報系科目、人文社会系教養科目、共通健康科目及び共通工学系教養科目をもって共通・教養科目群を構成しています。ここでは、これを構成するそれぞれの分野の基本的な考え方に触れることによって、工学の基礎を身につけた広い視野の確立や複眼的なものの見方のできる自己の育成を図ってほしいと思います。
    1. 共通数理科目
      • 専門教育の修得に必要な前段としての基礎科目で、人間の頭脳で創り出してきた論理体系や自然法則を体系化した学問領域での基本的な考え方とその手法の教育を行います。
    2. 言語・情報系科目
      • 学問を通し、社会から望まれるところの人間性を自己の中に構築するためには、これを可能にするための最低限の知識と技能が必要です。この知識や技能を修得するための授業科目として、それぞれの科学技術分野の学問体系が専門科目群と共通・教養科目群として開講されていますが、この教育を効果のあるものとするには、その学問を学ぶうえで必要となる基礎的な技能も修得しておかねばなりません。そのため、これらの技能を修得するために、言語科目としての英語と、情報技術科目の教育を行います。
    3. 人文社会系教養科目
      • 人文分野・社会分野・総合分野から構成されており、人間の創り出した様々な考え方や文化、人間の創り出した組織や制度、人間の心・身体などに関する学問領域を科学的な視点で編成し、この分野の基本的な考え方の教育を行います。
    4. 共通健康科目
      • 体を動かす中で、コミュニケーションの仕方を学ぶなど健康に関する理論と実践の教育を行います。
    5. 共通工学系教養科目
      • 異なる分野が互いに融合し、新分野が生まれている現状を踏まえ、他分野の学問領域を学ぶことが必要です。従来の諸科学の基礎と自然科学の基本的な考え方とその手法を用いて、これを共通・教養科目に位置づけ、教育を行います。

学部・大学院