1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 工学部紹介
  4. 通信工学科

Location ID: 0501,0701,JA

通信工学科 - 概要

通信工学科

オリジナルサイト

通信工学科の特徴

情報ネットワーク技術、電子技術(エレクトロニクス)、モバイル・ワイヤレス通信技術、光技術(フォトニクス)、情報処理技術(コンピュータ関連技術)、マルチメディア技術、生体通信技術を活用して情報を伝達するさまざまな方法について、ハードウェアとソフトウェアそれぞれバランスよく学習します。

入学定員

105名 ※2017年度

学生総数

422名(47名)(女子内数)
※2016年度

大学院進学者数

13名 ※(他大学院を含む)
※2015年度卒業生

専任教員数

12名

研究分野・領域

情報通信ネットワーク系

ネットワーク基礎技術、携帯電話をはじめとする移動通信技術、耐災害ネットワーク技術

情報通信ハードウェア系

光通信技術(光ファイバ、信号伝送)、ワイヤレス通信技術(アンテナ、電波、高周波回路技術)

ヒューマンインタフェース系

音響通信技術、センサ・ICタグ等を用いた高齢者生活支援、ブレイン・コンピュータ・ インタフェースなど

情報処理・データ解析系

コンピュータの基本構成や情報システムの設計法、プログラミング、データ解析技術

スキル系

電波法規、無線技術士、無線機器保守、通信実務など

  1年 2年 3年 4年
必修  ソフトウエア演習1
ソフトウエア演習2
製作実験1
製作実験2
 
ソフトウエア演習3
ソフトウエア演習4
製作実験3
製作実験4
 
通信ゼミナール
通信工学実験1
通信工学実験2
 
卒業研究
 
選択必修 回路理論1
回路理論2
情報処理論1
情報処理論2
論理設計
通信工学実習
回路理論演習
回路理論3
情報処理論3
情報理論
情報通信数学1
通信計測
電子回路1及び演習
電子回路2
電気磁気学1及び演習
電気磁気学2
通信工学実習
情報通信ネットワーク1
ディジタル信号処理1
マルチメディアシステム工学1
光エレクトロニクス
光通信工学
情報処理論4
情報通信ネットワーク2
情報通信ネットワーク3
情報通信数学2
数値解析
計測システム工学
通信方式
電気磁気学3
電波工学1
通信工学実習
ネットワーク理論
 
通信工学実習
選択   マイクロコンピュータ
 
ディジタル信号処理2
マイクロ波工学
マルチメディアシステム工学2
宇宙通信工学
情報工学特論
無線機器
通信システム設計論
通信法令
通信特論1
通信特論2
電波工学2
電波法規
移動通信工学
 
生体情報工学
 
自由     情報通信工学概論1
情報通信工学概論2
 
  • これらの表は2016年度入学生向けです。2015年度以前入学の学生は、それぞれの入学年度の学習の手引を参照してください。
  • 履修登録にあたっても、各入学年度の学習の手引をご覧ください。
  • 工学部ではこれらの科目の他に「基底科目」を配置しています。

通信工学科では、次に示す項目を身に付けた人材を育成することを目的とする。

  1. 通信工学に関する基礎的な学力、および、専門分野に関する問題を探求する姿勢
  2. 通信工学の本質を体系的に理解し、課題を解決する能力
  3. 通信工学における複数のアプローチ、制約条件、社会に与える影響などを考慮した課題の解決方法
研究室名 教員名 教員の専門分野
モバイルマルチメディア通信研究室 上岡英史 詳細 情報通信工学、人間工学、ユビキタスコンピューティング、
モバイルネットワーク、モバイルマルチメディア通信
情報数理工学研究室 神澤雄智 詳細 クラスタリングとその応用(文書分類、推薦システム、プライバシ保護データ縮約、識別システム)
無線通信ネットワーク研究室 行田弘一 詳細 防災・減災ICT、無線アドホックネットワーク、アンテナ工学
ワイヤレス・ユビキタス研究室 久保田周治 詳細 無線通信工学、移動通信工学、衛星通信工学
機能情報工学研究室 齋藤敦史 詳細 化学センサ、及びセンサ信号処理
高周波通信デバイス研究室 田中愼一 詳細 マイクロ波工学、高周波回路工学、半導体デバイス工学
ワイヤレス通信研究室 広瀬数秀 詳細 電波工学、アンテナ工学
生体通信工学研究室 堀江亮太 詳細 システム工学、認知神経科学
通信計測研究室 堀口常雄 詳細 光通信工学、光ファイバセンサ
情報通信網研究室 宮田純子 詳細 通信トラヒック解析、通信品質制御、情報通信セキュリティ
波動情報研究室 武藤憲司 詳細 音響情報処理、適応制御
移動通信ネットワーク研究室 森野博章 詳細 情報通信工学、モバイルネットワーク、モバイルネットワーク応用(交通流制御支援、災害時を想定した情報伝達など)、P2Pコンテンツ配信

入学者推移(人)

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
入学者 92 102 119 94 93
男女比率 84:8 87:15 110:9 85:9 79:14

留年者数(人)

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
1年次         2
2年次 12 14 10 18 10
3年次 9 3 2 2  
4年次 18 15 21 13 3
合計 39 32 33 33 15

下記の条件に当てはまる場合に留年となります。

  • 願い出により留年を申請する場合
  • 各学部・学科の進級停止条件に当てはまる場合(各学部・学科により条件が異なります)
    ※進級停止で留年する場合も手続きが必要な場合があります。詳細は学生課で確認して下さい。
  • 4年次終了時で卒業要件を満たせなかった場合

学部・大学院