1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 工学部紹介
  4. 建築工学科

Location ID: 0501,1101,JA

建築工学科 - 概要

建築工学科

オリジナルサイト

建築工学科の特徴

計画、材料・構造、生産、環境設備の建築4分野の基礎と応用を連続して体系的に学習。 欧米の建築物を見学する「海外建築研修」、ワークショップ形式で建築の実際を学ぶ「建築ゼミナール」など、フィールドワークを重視しています。
(2017年4月から建築学部建築学科となります。2016年度以前の入学生は工学部建築工学科の在籍です)

入学定員

240名 ※2017年度
(建築学部建築学科)

学生総数

476名(131名)(女子内数)
※2016年度

大学院進学者数

42名 ※(他大学院を含む)
※2015年度卒業生

専任教員数

12名

研究分野・領域

材料・構造系

建築材料学、建築構造学、構造力学、材料力学など

計画デザイン・歴史系

建築製図、CAD、建築設計、地域計画、再開発・リノベーション、西洋建築史、日本建築史、産業技術士など

環境設備系

建築環境計画、建築設備の役割・メカニズム、給排水システムなど

生産系

建築生産プロセス、木構造法、材料構工法など

国際性

建築英語、海外建築研修、海外大学とのワークショップなど

  1年 2年 3年 4年
必修  建築図学
建築工学入門
建築製図1
建築製図2
構造力学・演習
 
建築設計1
建築設計2
 
建築ゼミナール1
建築ゼミナール2
建築実験1
 
卒業研究
選択必修 建築生産
建築計画1
 
地域計画1
建築構造解析・演習
建築構造計画
建築環境計画1
建築環境計画2
建築設備計画1
建築設備計画2
日本建築史
木構造法
材料力学・演習
西洋建築史
建築材料1
 
地域計画2
建築実験2
建築法規
建築計画2
建築設計3
建築設計3-A
建築設計3-B
建築設計3-C
建築設計3-D
特別講義・演習
空調システム計画
都市デザイン論
建築材料2
都市環境設備計画
 
選択 建築構造学の基礎
造形実習
 
海外建築研修
CAD演習
 
イタリア建築実習A
イタリア建築実習B
オブジェクトCAD演習1
オブジェクトCAD演習2
フランス建築実習A
フランス建築実習B
ロシア建築実習A
ロシア建築実習B
基礎構造
建築プロジェクトマネジメント
建築各部構法
建築振動論
建築構工法
建築経済
建築英語
給排水システム計画
近代建築作家論
近代建築史
都市防災
鉄筋コンクリート構造
鋼構造
韓国建築実習A
韓国建築実習B
音環境設計
特殊構造論
 
 
  • これらの表は2016年度入学生向けです。2015年度以前入学の学生は、それぞれの入学年度の学習の手引を参照してください。
  • 履修登録にあたっても、各入学年度の学習の手引をご覧ください。
  • 工学部ではこれらの科目の他に「基底科目」を配置しています。

建築工学科では、建築・都市における文化や技術に関して、技能のみならず人間的にも優れた専門家を養成することを目指しており、次のような能力を身に付けた人材を育成することを目的とする。

  1. 工学や建築に関する専門知識を適切に活用できる能力
  2. 豊富な教養と広範な視野に基づくコミュニケーション能力
  3. 正しい倫理観と優れた工学センスに基づく問題解決能力
  4. 建築家または建築技術者として国際的に通用する能力
研究室名 教員名 教員の専門分野
建築設計研究室 赤堀忍 詳細 建築設計、都市デザイン、環境計画
建築環境設備研究室 秋元孝之 詳細 建築設備工学、建築環境工学
建築史研究室 伊藤洋子 詳細 建築史、建築技術史、都市集落形成史、設計のCAD利用
建築生産研究室 蟹澤宏剛 詳細 生産システム
建築構造・耐震構造研究室 椛山健二 詳細 建築構造学、耐震工学
耐震工学研究室 隈澤文俊 詳細 耐震工学、建築構造、鉄筋コンクリート構造
地域計画研究室 佐藤宏亮 詳細 都市計画・地域計画・まちづくり
建築生産マネジメント研究室 志手一哉 詳細 建築生産、BIM
住環境計画研究室 清水郁郎 詳細 建築計画学、建築人類学
建築・都市計画研究室 西沢大良 詳細 都市計画、建築設計、理論
建築・都市環境設備計画研究室 村上公哉 詳細 環境エネルギー計画
建築材料研究室 本橋健司 詳細 建築材料・部材

入学者推移(人)

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
入学者 116 118 124 104 119
男女比率 94:22 82:36 87:37 81:23 84:35

留年者数(人)

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
1年次          
2年次 1 1 9 11 19
3年次 1   1    
4年次 4 4 11 10 7
合計 6 5 21 21 26

下記の条件に当てはまる場合に留年となります。

  • 願い出により留年を申請する場合
  • 各学部・学科の進級停止条件に当てはまる場合(各学部・学科により条件が異なります)
    ※進級停止で留年する場合も手続きが必要な場合があります。詳細は学生課で確認して下さい。
  • 4年次終了時で卒業要件を満たせなかった場合

News & Topics

学部・大学院