1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 工学部紹介
  4. 応用化学科

Location ID: 0501,0401,JA

応用化学科 - 概要

応用化学科

応用化学科の特徴

電子機器の素材や医薬、食品、農業、環境衛生、資源の有効利用などさまざまな産業分野で求められている応用化学。無機化学、有機化学、物理化学、化学工学、分析化学、生物化学など、広範囲な領域を講義と実験を繰り返して学びます。

入学定員

105名 ※2017年度

学生総数

422名(106名)(女子内数)
※2016年度

大学院進学者数

23名 ※(他大学院を含む)
※2015年度卒業生

専任教員数

12名

研究分野・領域

有機化学系

有機化合物の構造・合成と諸反応、機能性有機化合物など

無機化学系

原子・分子の構造や化学的な性質との関連性、無機化学と生命・環境・産業との境界領域など

生物化学系

環境化学、生物物理化学、生命現象の化学的・物理的変化、生命工学など

化学工学系

化学プロセスの設計、反応装置の設計法、物質分離の原理と方法など

物理化学系

化学熱力学、量子力学、電気化学、光化学、界面化学、コロイド化学など

高分子材料系

高分子の合成、高分子の構造と特性など

分析化学系

各種の化学平衡と分析化学への応用、分光学など

  1年 2年 3年 4年
必修  工業化学概論
 
分析化学実験
応用化学実験
 
化学工学実験
化学工業総論
有機化学実験
物理化学実験
 
卒業研究
応用化学ゼミナール1
応用化学ゼミナール2
 
選択必修 分析化学1
化学工学1
有機化学1
有機化学2
無機化学1
無機化学2
物理化学1
 
化学工学2
物理化学2
生物化学1
 
分析化学2
生物化学2
 
 
選択   化学分光学
応用物理学
有機反応論
有機生物化学
地質・鉱物科学実験
 
ケミカルバイオロジー基礎
セラミックス化学
光化学
分離工学
化学熱力学
化学英語
地球科学
応用生物化学
有機マテリアル化学
有機合成化学
有機構造決定法
無機材料化学
無機物質化学
環境化学
界面化学
知的財産権
資源化学
電気化学
高分子合成化学
高分子物性
 
 
  • これらの表は2016年度入学生向けです。2015年度以前入学の学生は、それぞれの入学年度の学習の手引を参照してください。
  • 履修登録にあたっても、各入学年度の学習の手引をご覧ください。
  • 工学部ではこれらの科目の他に「基底科目」を配置しています。

応用化学科では、次のような能力を身に付けた人材を育成することを目的とする。

  1. 化学を基盤とするための自然科学、工学一般に係る基礎知識と技術を習得した人材
  2. 化学を基盤とする生産技術の開発、生産管理、環境保全に携わる為に必要な知識と技術を習得した人材
  3. 社会における責任と倫理、他者との協調性を持って化学を基盤とする業務に携わる能力を習得した人材
研究室名 教員名 教員の専門分野
応用電気化学研究室 今林慎一郎 詳細 電気化学
無機材料化学研究室 大石知司 詳細 材料科学、有機無機ハイブリッド材料、ゾルゲル化学、有機金属錯体化学、電子材料化学
有機合成化学研究室 北川理 詳細 有機合成化学、構造有機化学
機能性有機化学研究室 木戸脇匡俊 詳細 機能性有機材料
無機物質化学研究室 清野肇 詳細 無機材料科学
有機電子移動化学研究室 田嶋稔樹 詳細 有機電気化学、有機電子移動化学
高分子材料化学研究室 永直文 詳細 高分子合成化学、高分子構造解析、遷移金属触媒
分離システム工学研究室 野村幹弘 詳細 膜分離工学
ケミカルバイオロジー研究室 濱崎啓太 詳細 ケミカルバイオロジー
環境分析化学研究室 正留隆 詳細 分析化学、環境分析化学
生命化学研究室 山下光雄 詳細 遺伝子工学、応用微生物学、分子生物学、応用生化学
化学工学研究室 吉見靖男 詳細 生体化学工学、医療工学、バイオエレクトロニクス、神経化学工学

入学者推移(人)

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
入学者 108 113 109 94 96
男女比率 87:21 82:31 83:26 65:29 77:19

留年者数(人)

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
1年次     2    
2年次   1 3 12 15
3年次 9 4 1 1 4
4年次 6 9 3 6 10
合計 15 14 9 19 29

下記の条件に当てはまる場合に留年となります。

  • 願い出により留年を申請する場合
  • 各学部・学科の進級停止条件に当てはまる場合(各学部・学科により条件が異なります)
    ※進級停止で留年する場合も手続きが必要な場合があります。詳細は学生課で確認して下さい。
  • 4年次終了時で卒業要件を満たせなかった場合

News & Topics

学部・大学院