ページ内を移動するリンクです

芝浦工業大学のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。



現在表示しているページの位置

ここから本文です

工学部

電気工学科

photo

学科の特徴

高度ハイテク化に向かう産業界の構造変化とともに電気系に求められる学問領域も広がりつつあります。 そうした広範囲な領域に対応するため、「エネルギー&コントロール」そして「ものをつくる」ことを柱に、技術の進歩に対応して主体的に活動する人間性豊かな技術者を養成します。

研究分野・領域

電力・エネルギー系

電力の発生、輸送、変換、制御技術などの学修を通して電気エネルギーの利点や今後の課題を考える

システム制御・ロボット系

センサ、モータ、コンピュータからなるロボットの設計・製作、プログラミングおよび制御のための手法について学ぶ

電気材料・デバイス系

先端機能材料の性質や微細なセンサ・マイクロマシンのつくり方を学ぶ

在学生からのメッセージ

~ 学習環境にふさわしい照明とは?「教育」の視点に立った電気工学。~

貞形 大樹

群馬県立桐生高校出身

コンピュータや交通機関、通信機器など、電気は人の生活に広く利用されています。電気工学の基礎を、理論や実験を通して幅広く学び、興味のある研究分野を選んで専門性を深められる点に魅力を感じ、この学科を選びました。 1年次のライントレースロボットの製作では、部品を買い出しに行くところから、設計、作成、プログラミングまで、ものをつくる過程の楽しさを学びました。最初は苦心しましたが、各班につくTA(授業をサポートする大学院生)の方が親切に教えてくれたので乗り切れました。 もともと人に教えることにも興味があったので、教職課程も選択。より良い学習環境について考えようと、視覚情報研究室に入り、目に優しい照明について研究しています。将来は、この学科で学んだ技術を、子どもたちのために生かせるような職業に就くことが目標です。

研究室

研究室名 教員名 教員の専門分野
M&Eエネルギー変換研究室 赤津 観 電気機械エネルギー変換工学、制御工学、パワーエレクトロニクス
ロボティクス研究室 安藤 吉伸 自律移動ロボティクス、ユビキタスロボティクス、メカトロニクス教育
視覚情報研究室 入倉 隆 視覚情報、光環境
電機応用システム研究室 齋藤 真 電気システム制御、パワーエレクトロニクス
電磁アクチュエータ研究室 下村 昭二 電磁アクチュエータの開発とその制御技術
パワーエレクトロニクス研究室 高見 弘 パワーエレクトロニクス、エネルギー変換工学
エネルギー物性研究室 西川 宏之 電気工学、光・電気・電子材料工学、量子ビーム応用
マイクロメカトロニクス研究室 長谷川 忠大 ロボット工学
電力システム研究室 藤田 吾郎 電力システムの制御・運用・解析、再生可能エネルギーの創出
高電圧・電力機器研究室 松本 聡 高電圧電力機器工学、電気材料、高電圧試験法、絶縁診断、雷放電
ヒューマン・ロボット・インタラクション研究室 水川 真 ロボティクス、メカトロニクス、ヒューマン-ロボット-インタラクション
知能移動ロボット研究室 油田 信一 移動ロボット、自律ナビゲーション、フィールドロボティクス、実験ロボット学
ロボットタスク・システム研究室 吉見 卓 ロボティクス、メカトロニクスシステム、システムインテグレーション

カリキュラムの流れ

基礎的な科目を必修に設定。ハードウェアに強い技術者の養成に重点をおいています。 実験系科目も1年次から導入し、相乗効果で理解を深められるよう工夫されています。 また日本技術者教育認定機構(JABEE)で認定されたプログラムであり、卒業生は「技術士」資格試験の第一次試験が免除されます。 研究分野は、電力・エネルギー系、システム制御・ロボット系、電気材料・デバイス系で構成。パワーエレクトロニクス、ロボティクス、メカトロニクス、リニアモータなどの電磁技術、情報技術など幅広い技術分野をカバーしています。

資格・受験資格

課程履修資格

  • 第一級陸上特殊無線技士
  • 第三級海上特殊無線技士

条件の一部免除

  • 第一級陸上無線技術士
  • 電気主任技術者(第一種・二種・三種)
  • 電気工事士(第二種)
  • 技術士(※)
  • 技術士補
  • 施行管理技士(一級・二級)
(※)技術士…文部科学大臣から認定される国家資格で、わが国の技術者資格の最高峰とされており、現在、機械、化学、電気・電子、建設、生物工学、環境などの21の技術部門があります。 技術系の会社では、技術士の人数がその会社の技術力を示す重要な指標とされ、今後、とくに国際的に働きたい場合は、技術士の資格取得が必須になってきます。

チャレンジできる資格

  • エネルギー管理士
  • 各種無線技術士・無線技士
  • 工事担任者
  • 電気通信主任技術者

教育職員免許

  • 中学教諭一種免許状(数学)
  • 高等学校教諭一種免許状
    (数学・工業)

進路・就職実績

電気はあらゆる産業に欠かせない基盤技術です。そのため、卒業後は電気にかかわる幅広い分野で主体的に活躍できるようにカリキュラムが構成されています。 家電メーカー、自動車メーカー、電機メーカー、電力会社など電気にかかわるあらゆる企業での活躍が期待されています。

主な就職先(2013年度卒業)

  • 東日本旅客鉄道(株)
  • 日本電設工業(株)
  • 三菱電機ビルテクノサービス(株)
  • 三菱電機(株)
  • キヤノン(株)
  • 大日本印刷(株)
  • 東京地下鉄(株)
  • 富士電機(株)
  • THK(株)
  • 住友電装(株)
  • (株)明電舎
  • 日立オートモティブシステムズ(株)
  • 能美防災(株)
  • 東芝機械(株)
  • (株)NTTファシリティーズ
  • (株)日立プラントテクノロジー
  • 東芝プラントシステム(株)
  • (株)関電工
  • テイ・エステック(株)
  • 茨城県警察
  • ほか

関連リンク

ここからサブナビゲーションです

ページの先頭へ戻る


ここからフッターナビゲーションです