1. ホーム
  2. 受験生の方へ
  3. 入試FAQ

Location ID: 0101,0003,JA

入試FAQ


本学Webサイト内の下記ページよりダウンロードしてください。

一般入試では出願時に皆さんから調査書を提出してもらいますが、受験資格である高等学校卒業(見込み)などを確認するためだけに利用しており、学力試験の点数に加算することはありません。つまり調査書の評定値によって不合格になるということはありません。

試験日が異なれば併願することができます。また1日の試験の中でも併願することが可能です。なお、併願した場合は、第1志望・第2志望…ではなく、それぞれの学科ごとに合否判定が行われます。一般入試では同じ学科に対し、大学入試センター試験利用方式や英語資格・検定試験利用方式を含め最大5回受験するチャンスがあります。各入試日程における併願可能数は以下の通りです。

 
入試方式 試験日 併願方法 併願可能数
大学入試センター試験利用方式 個別試験なし 工学部9学科
システム理工学部5学科
デザイン工学部1学科
建築学部1学科
21併願
前期日程
英語資格・検定試験利用方式
2月1・2・3日 各日
工学部1学科
システム理工学部1学科
デザイン工学部1学科
建築学部1学科
各日4併願
全学統一日程 2月4日 全学部・全学科から最大5学科 5併願
後期日程 2月21日 全学部・全学科から最大5学科 5併願

一般入試すべての日程において受験料割引制度が用意されています。

一般入試(大学入試センター試験利用方式、前期日程、英語資格・検定試験利用方式、全学統一日程、後期日程)において、すべてインターネット出願となります。詳しくは、一般入学試験要項をご覧ください。

影響しません。英語資格の点数や級は、受験資格の有無の確認のみでしか使用いたしません。
合否判定は数学と理科の【200点】で行います。

試験会場はどのように決まりますか?

出願時に希望する会場を選んでいただきます。ただし、会場毎に定員が決まっていますので


あくまで2016年度入試までの話ですが、試験科目のうち数学はすべて記述形式となっています。理科と英語は一部マークシート形式を含んだ記述形式でした。記述形式では、部分点を得ることができる場合もありますので、完全に解答できなくても途中経過まででも書くことが、合否の分かれ目になり得ます。

理科の問題は物理4 題・化学4 題の計8 題が出題され、受験生がその場で(つまり、問題を見てから)任意の4 題を選択解答するというもの。4 題すべて物理または化学の選択をしてもよいし、物理2題+化学2 題という選択のしかたも可能です。また、生命科学科と数理科学科のみ物理・化学の選択方式に替え、生物での受験も可。あなたの得意な分野を活かすことができます。

できません。数学・理科・英語から2 教科選択する場合、出願時に選択してもらいます。また、出願後の選択教科の変更はできませんのでご注意ください。

大学キャンパスと学外試験場、どちらで受験していただいても、同一問題、同一試験時間で行いますので全く条件は一緒です。自分の住んでいる場所から近い会場、または他大学との併願を考えた会場で受験することをおすすめします。

英語資格・検定試験利用方式と前期日程は同じ問題になります。そのため1回の試験で2つの試験方式を併願することが可能です。
その際の受験教科は、数学、理科、英語の3教科となります。

合否判定は、それぞれ以下の方法で行います。
・英語資格・検定試験利用方式は、受験した3教科の試験のうちの数学と理科の2教科の点数の合計点。
・前期日程は受験した3教科全ての点数の合計点。


 


本人から大学に請求があった場合には得点をお知らせします。請求方法、開示時期については下記ページをご確認ください。

受験科目の総合点が上位の受験生から順に合格となります。科目ごとの基準点(この点数以上は合格というボーダーライン)は設けていません。つまり不得意な科目で失敗しても得意科目で挽回することも可能なので、最後まで諦めず頑張ってください。


入学手続は、学費等納入金をすべて納入することで完了しますが、その納入手続を2 回に分けて行うことができます。【一次】の納入手続では入学金相当額を、【二次】の納入手続では入学金以外の学費(授業料、維持料)を納入いただきます。


2016年度の一般入試、大学入試センター試験利用方式では志願者の69%、合格者の61.6%、入学者の68.4%が現役生でした。男女の比率については志願者の17.4%、合格者の約17.8%、入学者の17.3%が女子でした。キャンパスに来ていただければ、「理工系単科大学は男ばかり」というイメージが少し変わるはずです。

芝浦工業大学には多様な海外留学プログラムが用意されており、海外留学支援制度も充実しているため多くの学生が海外留学に行っています。
また、学生時代の留学経験を活かして、世界で活躍している卒業生も多くいます。

お問い合わせ先

芝浦工業大学
入試課

〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5(豊洲キャンパス 教室棟2階)
TEL:03-5859-7100/FAX:03-5859-7101
E-mail:nyushi@ow.shibaura-it.ac.jp